×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

狐と戯れる


エアクリーナー

デイトナ ターボフィルター (カットタイプ)

2006.4.24

とある日曜日の朝、出勤途中にトラブル発生。
症状はそれまで快調に走っていたのに突然、全開時にエンジンが失火ぎみに。
アイドリングは保つし、低速では走り続けられるのでとりあえず家に戻る。
仕事に遅刻してはならないのでその日は車に乗り換え、後日チェックする事に。

疑ったのはキャブなんですが、最初にエアクリ外すついでにエアエレメントの
チェックしようとカバーを開けると・・・・・
無い!?
そこにあるはずのエアエレメントが無いんです。

半年前にこのロードフォックスを譲り受けた時にキャブオーバーホールはしましたが
手を抜いてエアエレメントは見てなかったんです。
トラブルが出るまで、風化してボロボロになったエアエレメントが
キャブに吸われて燃料に溶けて燃焼していたって事でしょうか。

欠品が多いロードフォックスの純正パーツ、バイク屋に注文して
取り寄せが可能かどうか確かめる前に、中国ジャイロのHideさんが
余ったターボフィルターを譲ってくださるという書き込みを
掲示板にカキコしてくださいました。

後日譲り受けてようやく作業できました。
ちなみに純正新品がヤフオクに800円で出品されていましたが
標準価格に比べてどの程度高いのか、安いのかは謎です。
根本的に純正新品が正規ルートで入手できるかどうかもアヤシイですけどね。

カット前のターボフィルター。
Hideさんのキャノピーに使ったものの
余りを提供していただきました。
エアクリボックスの形状にハサミでカットして
ドライバーで穴を開けた状態。

エアクリボックスに入れてカバーをつけて
ネジを締めたら完了。