×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

'07.10.23 エギングin小屋浦

今回の釣りポイント
クリックしたら地図が出ます
↓ ↓ ↓


メンバー
ID
プロフィール
マスターK
某レーシングチーム監督。圧巻の知識と腕前を誇る。
ビギナーN
レース同様釣りも最近始めたビギナー。
管理人
当サイト管理人。最近はやたらと海に出向くが釣果はイマイチ。

釣果
マスターK・・・ボウズ(ゲソ1本)
ビギナーN・・・ボウズ
管理人・・・アオリイカ1杯・タコ1匹

レポート
6月の宇品でのエギング以降、7月・8月は釣りを休み、9月に入ってから再会。
が、2週目のチヌ狙い(猿候川・瀬野川)、3週目のチヌ狙い(太田川・三筋川)、
4週目の太刀魚狙い(能美・大柿・早瀬)と3週連続ボウズとまったく振るわない状況で迎えた今回のエギング。

参加者全員がイカ釣り初心者という事もあって、事前にエギングに関するDVDで学習するという入れ込み様。
そして全員が釣果を求めているため、それぞれがニューアイテムを投入。

ビギナーNさんは前の週末に新品リールを購入。もちろんエギング用にPEやエギも揃える。
マスターKさんは一通りの道具は持っているものの、やはり新品のリールを購入。
が、ロッドに対して特に思い入れが深いため、諭吉さんが飛んでいく竿まで購入となる。
管理人はロッドに関してはとりあえずシーバス用で代用することにして、前日に釣具店に出向いて
新品リールを購入する。買ったのはダイワのレブロス2506。バーゲン中で5820円という破格だった。

各自準備を整えてからKさんの御宅に集まり2台の車に分乗して目的地に向かう。
今回のエギングは坂周辺と決めていたので小屋浦のアングルに行く。
ここでKさんがロッドを購入し、店員からイカの情報を聞き出す。

坂では横浜とベイサイドビーチでよく釣れているらしいとの事、さっそく向かってみる。
横浜には大勢のアングラーが釣りをしている。が、エギングは少数派。
最初の2箇所はイマイチっぽかったので3箇所目で少しやってみることに。
まったくあたる気配が無いためベイサイドビーチへ移動する事に。

ベイサイドビーチも大勢のアングラーがいるも、やはりエギングをしている人は居ない。
アングルの店員が太刀魚が入ってきてるとアウトと言っていたが、どうやらその様子。
しかたなく小屋浦橋(通称うらら橋)に向かってみる。

ここには先客がいて、皆がエギング中。
割り込むスペースが無いため、呉の吉浦方面に向かう事に。
吉浦漁港で様子を見るも、エギングはゼロ。
戻りつつ呉ポーの様子を見ると釣り人自体がたった一人・・・。

諦めムードで宇品に向かおうかと移動したら、先程スペースが無かったうらら橋が空いている。
ようやく釣れそうな場所に車を置いて、各自戦闘態勢に。

釣りはじめて最初のヒットはKさん。しかし釣り上げると足が1本だけ・・・。
でもこの足で、イカの存在がこのエリアに居る確たる証拠なのでメンバーの士気は高まった。

続いてのヒットは管理人。感覚としてはやたら重たくて引いていかない。
たぶんゴミかコウイカあたりかと思ってリールを巻いていくとタコがかかっている。
獲物1匹目ということでNさんにデジカメの準備をしてもらう。
待っている間に水面付近で墨を吐かせきる作戦を兼ねているつもりなので
根拠の無い余裕でデジカメを待つ。が、ついに逃げられた。

余裕が裏目に出て後悔するも時既に遅し。またもや黙々と投げてはシャクる。
しばらくすると先程のような重みが伝わってくる。
今度こそはと迅速にリールを巻いていくとやはりタコの姿が水面に。
重さはさっき以上かもしれない。とにかく水面から上がってこない。
リールのドラグを締めていってもまだ負けている。
諦めてKさんに手伝ってもらって糸を直接手繰り寄せてタコゲット!

 
重みを感じてリールを巻き続ける管理人。途中で何故かカメラ目線。

 
左:余裕が無くなってタコと格闘中。デジカメのフラッシュが焚かれなくて暗視カメラのような画像に。
右:格闘の末にゲットしたタコ。

 
なんだかグロテスクです。家で重量を計ると730gでした。
 

続いてのヒットもまたしても管理人。今度はビビビっと引きがあるので待望のアオリイカの様子。
タコと違って軽いので難なく引き上げる事に成功。
釣ったイカはその場ですぐに〆る。
その後はアタリが何度かあるも釣り上げるにはいたらず、何かかかったかと思えば奇妙な生物。

Nさんは途中でロッドが折れてしまうアクシデントに見舞われる。やはりチヌ竿では負荷が大きかった模様。
エギのロストもあって今夜は踏んだり蹴ったりの様子。

その後も釣れず、粘り続けても翌日の仕事に差し支えるため、未練たっぷりに終了。

 
遠近法マジックでイカがでかく見えますが実際は・・・。


こんなに小さいんです。胴長14cm。

 
Kさんのイカ〆ピックを借りて突き刺しているところ。
  
左:締まると身が白く変色。   右:謎の生物が引っかかる。触手みたいなのが引っ込みました。


 
捌かれるタコとイカ。

 
パーツごとに分別されました。

 
タコを茹でているところ。

 
イカはバターで焼いてからダシ醤油で味付け。


焼きイカ完成。美味かったですよ〜♪